これって倦怠期?彼氏に会いたくない理由と対処法

未分類

恋愛をしている多くのカップルの前に立ちふさがるのが、倦怠期という大きな壁。「昔は彼と会うのが楽しみだったのに、今は会いたいと思えない」そんなことを考えてしまい、悩む女性は多いのではないでしょうか。

このような時期をどう乗り越えるかは今後の二人の関係性を大きく左右するためとても重要です。そのためこの記事では、そんな悩みを抱えている女性たちに向けた倦怠期の対処法を紹介します。

そもそもなぜ彼氏に会いたくない?

倦怠期を迎えると、多くの人はこれまでと同じ頻度で彼に会うことがしんどいと感じてしまいます。この状況を解決するためにはまず、会いたくないと感じてしまう理由をはっきりさせることが大切です。

会いたくない理由を明確にすると、より効果的な対策を講じることができます。そのため、まずは会いたくない理由をなんとなくで済ませずに、しっかりと向き合ってみましょう。

体調やコンディションが悪いから

体調が悪い時は相手が誰であろうと会うのが億劫になってしまうもの。生理前などで精神的に不安定な時も人と会わずに一人でいたいと思う女性も多いでしょう。

また、会う約束をしている日にニキビができてしまうなど自分のベストな状態ではないときに好きな人に会いたくないと感じてしまうこともあるでしょう。これらは付き合いたての人や、彼氏の前では常に完璧な状態でいたいと思っている人に多い傾向があります。

一人の時間がほしいから

長い時間誰かと一緒にいても疲れない人もいますが、週に何日かは一人の時間が欲しいと感じる人もいます。後者はたとえ一緒にいる相手が好きな人だとしても、一人の時間がないとしんどいと感じてしまうでしょう。また、課題や仕事で余裕がない時に対人関係に時間を割きたくないと考え、人と会うことを避けてしまう場合もあります。

会っている時間が楽しくないから

一緒にいても楽しくないと感じたり、同じ空間にいてもお互い携帯などをいじり全く会話がない場合は彼に会うことに対して前向きにはなれないでしょう。このような状況は付き合っている期間が長くなればなるほど起こりやすく、状況をかえるにも難しい傾向にあります。

彼の嫌なところばかり見えてしまうから

一緒にいても彼の嫌なところにばかり目がいってしまうと彼に対していい印象を持つことは難しく、自分自身も嫌な感情がつのってしまうことでしょう。一つ嫌なところが見つかると全部が気になり嫌になってしまう場合もあります。

また、昔は気が合っていたのにお互いの価値観が変りぶつかってしまうなんてこともあります。相手の言動に過剰に反応してしまったり、衝突や喧嘩が増えることでお互いに疲れてしまい会いたくないと感じる原因になってしまうこともあるでしょう。

倦怠期の乗り越え方を紹介

ここまで彼氏に会いたくない理由を紹介してきましたが、これらの理由は自分自身に問題がある場合二人の関係性に問題がある場合の2パターンに分けることができます。そのため、ここからは彼氏に会いたくない理由として自分自身に問題がある場合の解決策と二人の関係性に問題がある場合の解決策を紹介していきます。

自分自身に問題がある場合:素直に打ち明ける

彼氏に会いたくない理由が自分自身にある場合は嘘をついたりごまかしたりするのではなく、会いたくないと思っている理由を素直に打ち明けるとよいでしょう。自分の勝手な都合で約束を断るのは気が引けるかもしれませんが、隠さず正直に話すことでその後の余計なトラブルを防ぐことができます。特に体調不良などの時は我慢せずに相談しましょう。

また、一人の時間が欲しい時なども素直に話すことが大切です。価値観や感覚は人それぞれなので無理して合わせるのではなく、お互いの価値観を尊重し合うことが長続きの秘訣です。

関係性に問題がある場合:新しいことに挑戦する

二人でいても楽しくない、つまらないと感じる人は二人で新しいことに挑戦する機会を作ると良いでしょう。楽しくないと感じる理由の多くはマンネリにあります。これを解決するためには定期的に新しいことをして二人の関係性に刺激を与えることが大切です。新しい挑戦をすることでお互いのこれまで知らなかった一面を発見することもできます。

挑戦と言ってもお金や時間がかかるようなことをする必要はありません。おすすめはどちらかの好きなものを二人で一緒に行うことです。週に一回などペースも決めて定期的に行うことで新しい発見をし続けることができ、二人の時間に飽きることもなくなるでしょう。

関係性に問題がある場合:思い出を振り返る

すれ違いや喧嘩が増えてしまった時には、一度二人の原点に立ち戻り幸せだった頃の気持ちを思い出すとよいでしょう。彼に対してマイナスな感情が大きい時は冷静に向き合うことは難しいです。そんな時は昔の楽しい記憶を思い出してみましょう。彼との幸せを感じていた時によく聞いていた音楽を聴いたり、思い出の場所に行ってみるのもおすすめです。

楽しかった頃の思い出を思い返すことで、彼のいいところを再確認することができます。また、自分自身の変化に気づくこともでき、現在の自分の悪い点を見直し反省することで関係性の修復に近づけるでしょう。

別れるのも一つの手段

彼に会いたくないと思う理由が二人の関係性の悪化であり、お互いを尊重できず傷つけあってしまい辛いと感じる場合は別れを切り出すのも一つの手段です。ここまで倦怠期を乗り越える方法を紹介してきましたが、それらは二人が幸せになるためのもの。一緒にいてもお互いに消耗してしまうと感じた場合は離れてみるのもお互いの幸せのために必要な考えです。無理をして続けることにこだわるのではなく、お互いの幸せを考えた選択も必要でしょう。

倦怠期はその後の幸せを左右する

倦怠期は約5割のカップルが破局するとも言われているほど、カップルにとっての別れの危機。しかし、これを機にお互いの重要性に気が付き、さらに絆を深めるきっかけになることもあります。そのため、この時期をどう乗り越えるかによって今後の彼との関係性が左右されると言っても過言ではありません。彼と二人で幸せを掴むためにも倦怠期を上手に乗り越える努力をすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました